その他

愛知県で評判の良いリフォーム業者による、外壁などの施工事例をまとめています。

【愛知】オススメリフォーム業者の施工事例集・外壁など編

フレッシュハウス

施工実績は10万件を超える、非常に経験の蓄積が豊富なリフォーム会社であるフレッシュハウス。細目まで見積り金額を出してくれる明朗会計と、今の家に長く住むために親身になって相談に乗ってくれることが高く評価されています。

また、これまでに数々のリフォームコンテストでの受賞歴があり、提案力の高さも魅力。実績、経験ともに豊富な同社なら、安心してリフォームを依頼することができます。

フレッシュハウス 外壁1
引用元:株式会社フレッシュハウス公式HP
https://freshhouse.co.jp/case/2480/

宇宙塗装「ガイナ」を採用。汚れが残りにくいだけでなく、冷暖房効果を高める機能もあります。

フレッシュハウス 外壁2
引用元:株式会社フレッシュハウス公式HP
https://freshhouse.co.jp/case/1996/

こちらは築13年のお家の外壁塗装。色を明るくして、また耐候性のある塗料を使いました。

フレッシュハウスの外壁の施工事例を公式HPでもっと見る>>

安江工務店

安江工務店は、人や地球に優しい「無添加リフォーム」をコンセプトに掲げている工務店です。高い技術力をもって自然素材による施工を行うので、品質にも安心感があります。

また、女性のコーディネーターの、女性ならではの目線によるアイディアや提案も評判が良いようです。大手メーカーにはない、きめ細かいサポートが期待できそうです。

安江工務店 外壁1
引用元:株式会社安江工務店公式HP
https://www.yasue.co.jp/gallery/detail.php?id=35

自然素材を使った家にするという要望に応え、漆喰やタイルなど使ってリフォーム。

安江工務店 外壁2
引用元:株式会社安江工務店公式HP
https://www.yasue.co.jp/gallery/detail.php?id=10

こちらは増築したケース。全館空調システムを導入したり、シックハウス症候群対策のための無垢素材の使用などのこだわりがあります。

安江工務店の外壁の施工事例を公式HPでもっと見る>>

アイシン開発

こちらも天然素材を使ったリフォームが得意な工務店。コンテストでの受賞歴も多数あり、満足度の高いリフォームは評判が良いようです。また、アイシングループのスケールメリットを生かして、コストを抑えた設備・建材の仕入れが可能。低コストでのリフォームが可能です。

アイシン開発 外壁1
引用元:アイシン開発公式HP
http://www.livelan.jp/example/case64/

道路の拡幅に合わせて、門扉や庭をリフォーム。コンクリート打ちっぱなしでモダンな仕上がりに。

アイシン開発 外壁2
引用元:アイシン開発公式HP
http://www.livelan.jp/example/case72/

陶芸を趣味にされるというご夫婦のためのリフォーム。外壁を深いブルーグレーにして落ち着きと風合いのある外観に。

アイシン開発の外壁の施工事例を公式HPでもっと見る>>

ハローリフォーム

ハローリフォームは、創業35周年の老舗工務店です。実績も12,000件以上と多く、これまで地元の顧客に信頼されてきたことがよくわかります。実績と経験をもとに、納得のいくリフォームをしてくれる会社です。

また、ハローサービスグループ内での大量仕入れと、自社施工によってコストを大幅カット。費用を抑えながらリフォームができます。

ハローリフォーム 外壁1
引用元:ハローリフォーム公式HP
http://www.halloservice.com/works/020/m.html

ウォールフッ素という塗料を使って、雰囲気を残したままの塗り替えに成功しています。

ハローリフォーム 外壁2
引用元:ハローリフォーム公式HP
http://www.halloservice.com/works/020/002/

持ちの良い、アルミ製のサイディングを採用したケース。雨どいは1Fと2Fで色を変えるなどのこだわりも。

ハローリフォームの外壁の施工事例を公式HPでもっと見る>>

暮らしが快適になり電気代削減にも!愛知の断熱リフォームのメリット

昨今異常気象が日常茶飯事となり、もはやこれが当たり前の日本の気候とも思うべきなのかと感じるほど。

10月でも真夏のような日もあれば、初冬とも感じるような寒い日も。そんな気候の急激な変化があっても、断熱リフォームを行えば、一年通して快適に過ごすことが可能になります。

ここでは毎日の暮らしが快適にする断熱リフォームの必要性、また施工するメリットを見ていきましょう。

断熱リフォームのうれしい「4つ」のメリット

外壁塗装などの断熱リフォームをすると、リフォームする前に比べて、実際にはどういった効果があるものなのでしょうか。ここでは具体的な効果やそのメリットについてご紹介します。

  1. リフォームで光熱費が節約できる!
  2. 何と言っても最もうれしいポイントは、「光熱費が安くなる」ことではないでしょうか。外気の影響を受けやすい家だと、エアコンをつけても夏も冬も電気代がたくさんかかることになります。でも外気の影響を緩和した断熱リフォームによって、部屋全体の温度が大きく左右されにくくなることから、結果的にエアコンの設定温度に到達するのが早くなります。

    その分光熱費が節約になる、というわけですね。

  3. 窓や壁など、結露でのカビに悩まない!
  4. 外気温の影響を受けやすい家屋の場合、どうしても「結露」が起こりやすくなります。冬場など寒い時期に外気温が低くなることで、窓ガラスがびしょびしょになってしまうこと、ありますよね。結露した水が垂れて、窓のゴムパッキンに溜まるとカビの原因になってしまいます。そのような家屋の場合、室内の湿度によっては冬場だけでなく他のシーズンでも起こりやすくなります。

    ひどいところは「壁」が結露し、カビの温床になることも!

    このような悩みも、断熱リフォームを施すことで改善されるのです。

  5. いつも快適!冷暖房がすぐに効いてくれる!
  6. 光熱費のところでも少し触れましたが、断熱リフォームを行うと、冷暖房の効きが格段に良くなります。暑い時期、寒い時期帰ってきたらすぐに快適温度にしたいもの。外気からより遮断された部屋は、外出から帰ってきたときも外気より過ごしやすい温度に近い気温となっているため、冷暖房も速やかに効き快適温度への到達がスピーディー。

    より快適な暮らしを実現してくれます。

  7. さらにうれしい!健康面にもよい効果がある!
  8. 特に寒い時期など、お風呂に入る際に部屋の温度とバスルームの温度の差が開き、血圧の乱高下を起こし、心筋梗塞など命に関わる事態が発生するリスクが高まります。断熱リフォームをした部屋なら、外気温の影響も受けにくくなり、冷暖房も効率よく効くことから、お風呂場との温度差も緩和されることに。

    またその他、手足の冷えが緩和されたり、アレルギー体質のかたが改善されたといったデータも。快適温度を保ちやすくなることで、健康面についても、さまざまなよい効果が期待できます。

断熱基準は進化している!建築時期で明らかに違う断熱構造

1980年当時の断熱基準と、2003年当時と2013年の断熱基準を比較したところ、これだけの違いがありました。

  1980年 2003年 2013年
壁の基準 グラスウール25mm グラスウール45mm グラスウール90mm
天井の基準 グラスウール35mm グラスウール75mm ラスウール15mm
床の基準 ポリエチレン系樹脂25mm グフェノール樹脂25mm フェノール樹脂45mm
窓の基準 単板ガラス(アルミサッシ) 単板ガラス(アルミサッシ) ペアガラス(アルミサッシ)

この1980年の床材はいわゆる「発泡スチロール」のこと。これだけ違うと、同じ家でも外気の暑さ寒さが影響するのは一目瞭然ですね。また50年以上前の家屋には、断熱材という考え方すら見受けられないものも。長く暮らしている家ほど、構造上も断熱されていないものが多く、エアコンを入れてもなかなか効きづらいのも当然といえます。

この中の最も新しい基準2013年はペアガラスも基準になるなど、断熱に対する考え方がより進化していることが分かりますね。

このようなデータからも、現在の基準よりも断熱されていない家屋は、何らかの対策を講じるべきともいえるのではないでしょうか。