HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ!

あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ!

木造住宅耐震改修費補助制度、耐震シェルター設置費補助制度など、愛知県内ではリフォームの際、市ごとに様々な補助金が受けられます。

ここでは、愛知県で受けられるリフォームの補助金についてご紹介します。

>>愛知県でリフォームの際に受けられる補助金をご紹介! 

 

 

 階段リフォームにかかる費用は、簡単なもので10万円前後、大掛かりなもので100万円以上することも。階段リフォームの種類や費用を解説します。

>>費用10万円前後でできる階段リフォームで安全を配慮

 

 

 リフォームと建て替え、どちらがお得か。それは現在の住宅の状況、住人の希望を踏まえて考えなくてはいけませんが、ここではコスト、生活、満足度という観点から両者を比較しましたので、参考にしていただければと思います。

>>リフォームと建て替えはどちらがお得か比較してみた

愛知でリフォームをする場合の部分別費用相場を調査!

当然、リフォーム箇所によって費用は大きく異なります。そこで、リフォームの費用相場を部分別にまとめてみました。

キッチンのリフォーム費用相場

キッチンのリフォームは、どんなタイプのキッチンを選択するかで費用も大きく変わってきます。

「Ⅰ型」と呼ばれる、コンロとシンクが一列になっている一般的なキッチン台のリフォーム費用の相場は、20万円から70万円。もっとも手頃なタイプです。

「Ⅱ型」はシンクとキッチンが別になっていて、2列に配置するタイプの設備になりますが、こちらのリフォーム費用は50万円から100万円前後。

壁に沿って90℃にキッチン台を設置する「L字型」のリフォーム相場は40万円から100万円前後で、Uの字に設置する「U字型」は100万円から150万円が相場です。

最近人気の「アイランドキッチン」は高価で、150万円から300万円ほどの費用がかかります。リフォーム費用の相場に金額の開きがありますが、使用する素材や業者の施工費用によって金額の差が生じるようです。

浴室のリフォーム費用相場

浴室のリフォームは、ユニットバスの交換からドアの交換など、狭い範囲ながらもいろいろなリフォームがあります。

ユニットバスを交換する際のリフォーム相場は、およそ60万円から。設置するバスシステムによって費用が変わります。

ハーフユニットバスのリフォームは50万円から、在来工法の浴室リフォームは30万円からが相場です。

そのほか、床や壁の補修は10万円から、浴室のドア交換は3万円から10万円、戸の交換や各部位の補修作業などについては、多くて10万円程度を見込んでおけば問題ないでしょう。

外回りのリフォーム費用相場

「外回り」とは、家の外壁や屋根などを指します。

いずれも、劣化の状態やリフォームする素材などによって価格が大きく変わってきますが、一般的な相場についてご案内します。 外壁の重ね張りの相場は120㎡に対して150万円程度の費用がかかり、使用する素材によってさらに価格が高くなります。

外壁の張替えは、同じく120㎡に対して200万円からが相場です。

屋根のリフォームについては、日本瓦から日本瓦への葺き替えがもっとも高く、80㎡に対して170万円からで、使用する瓦によって費用はさらに上がっていきます。

日本瓦からスレート瓦へのリフォームや、スレート瓦からスレート瓦へ葺き替えする場合は、およそ130万円から。スレート瓦からガルバリウムへのリフォーム、トタンからガルバリウムへの葺き替えは、160万円程度が相場です。

部屋のリフォーム費用相場

部屋のリフォームといっても、壁の張替えや天井のリフォームなど様々。内壁の塗装や砂壁の塗装であれば10万円前後です。

壁紙の張替えはおおよそ5万円前後ですが、使用する素材によって費用は変わります。

砂壁から珪藻土、砂壁から漆喰へのリフォームは15万円から20万円前後の予算を考えておくとよいでしょう。

床のリフォームは、同じ素材であれば比較的費用を抑えることができます。6畳の部屋で考えた場合、畳の張替えは10万円前後、フローリングの張り替えは6万円からが相場です。

フローリングから畳に、畳からフローリングにリフォームする場合は15万円からで、素材によって価格が高くなります。

天井のリフォームは、クロスの張り替えが2万円前後、天井板を張り替える場合は5万円から、補強工事は7万円前後が相場です。

リフォームローンの種類と選び方!賢く利用するには?

リフォームローンは公的金融機関や民間金融機関などで提供していますが、ローンには「無担保型」と「有担保型」があり、それぞれにメリットとデメリットがありますので、家計状況と比較しながら検討しましょう。

「有担保型」と「無担保型」の違いは?

「有担保型」は、住宅金融公庫などの公的金融機関や民間金融機関で提供しているリフォームローンです。

それぞれの金融機関が定めた一定の要件を満たすことで、低金利でのローンを組むことができます。公的金融機関では有担保型のローンのみ提供しています。

金利が低い分、ローン審査が厳しく、担保割れしている場合にはローンを組むことができないなどのデメリットがあります。

「無担保型」は民間金融機関で提供しているリフォームローンで、その名の通り担保無しでローンを組むことができます。

保証人が不要な場合が多く、手軽にローンを組めるのが最大のメリットですが、有担保型と比較すると金利が高い、ローン年数が短いなどの点には留意しておきましょう。

「変動金利」と「固定金利」はどっちがいい?

「固定金利」は完済まで金利が変動しないもの、「変動金利」は一定期間で金利が変動する可能性があるローンのことを指します。

「変動金利」はローン契約時の金利が安いので、繰り上げ返済など早い段階で多くの返済をしてしまいたい方におすすめです。

「固定金利」は変動金利よりも契約時の金利が高いですが、突然の金利上昇に家計が影響を受ける心配がありません。住宅ローンの借り換えが難しい方、繰り上げ返済の予定がない方は、固定金利のほうが安定して返済できるでしょう。

リフォームローンの借入可能額と返済期間

リフォームローンは、住宅ローンと違い借入金額が低いのが特徴です。

民間金融機関の場合、銀行によって借入可能額の上限は異なりますが、「50万円以上1,000万円以内」、「30万円以上500万円以内」など、住宅ローンよりもはるかに借入可能額の上限が低いため、フルリフォームなどリフォーム費用が大きい場合は、自己資金がないとリフォームローンでは支払いをまかなえないことがあります。

また返済期間も住宅ローンと比較すると短く、10年から15年以内のローン期間となりますので、住宅ローンと並行して支払いをする場合は支払金額の負担が大きくなることもあるようです。

バリアフリー工事や省エネ改修工事など、国税庁が認定した工事では税金の控除対象となったり、これらの工事に対して金利を低く設定してくれたりする商品もありますので、該当の工事を行う場合は金融機関に問い合わせてみるとよいでしょう。

リフォームローンを賢く選ぶには

多くの金融機関がリフォームローンを展開していますので、住環境や家計などを考慮した上で、より家庭に合ったリフォームローンを選びましょう。

担保となるものがある場合は、有担保型のほうが低い金利でローンを組むことができます。 担保がない、保証人がいないなど、ローンを組む上でのリスクが多い場合は無担保型のリフォームローンを利用することになります。

金利は、短い返済期間で完済できる見込みがある場合は変動金利型を、最長年数で契約する場合は固定金利型を選ぶのがおすすめです。

そのほか、リフォームの見積もりが高額になり、一般的なリフォームローンでまかなえない場合は、住宅ローンとリフォーム費用を合わせて借り換えることができる新しい住宅ローンを展開している金融機関もありますので、こちらを検討するのも一つの方法です。

いずれにせよ、家計を圧迫しない範囲でローンを組むことが、リフォームローン選びにもっとも重要なポイントと言えるでしょう。