HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ! » 愛知県でリフォームの際に受けられる補助金をご紹介!

愛知県でリフォームの際に受けられる補助金をご紹介!

愛知県でリフォームをお考えの方のために、愛知県内で受けられるリフォームに関する補助金を紹介します。

ぜひリフォームする際の参考にしてください。

 

木造住宅耐震改修費補助制度

市の無料耐震診断を受け、その結果が一定値以下だった木造住宅の耐震改修工事を行った際に市から補助金が出ます。補助金だけではなく、所得税の控除、固定資産税の減額を受けられることもあります。

愛知県では安城市、愛西市、春日井市など、多くの市で制度がありますが、条件や補助金の金額は市によって異なります。

安城市「木造住宅耐震改修費補助制度」

条件:昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅。耐震診断の判定値が0.7以下なら、1.0以上にする工事を、0.7以上、1.0未満ならその値から0.3足した数値にする工事をした場合。

金額:120万円。(工事代金がそれ以下なら工事代金の金額)

所得税の控除、固定資産税の減額もある。

愛西市「木造住宅耐震改修費補助金」

条件:耐震診断の判定値が1.0以下の木造住宅を工事した場合

金額:90万円

耐震シェルター設置費補助制度

市の無料耐震診断を受け、その結果が一定値以下だった木造住宅に耐震シェルターを設置する場合、補助金が出ます。家族に高齢者か障がい者がいることを条件としている場合もあります。

木造住宅耐震改修費補助制度同様、条件、金額は市によって異なりますが、さまざまな市で実施されています。

犬山市「民間木造住宅耐震シェルター整備費補助事業」

条件:耐震診断の判定値が0.4以下の木造住宅に耐震シェルターを設置した場合

金額:30万円(代金がそれ以下なら設置代金の金額)

清須市「耐震シェルター等整備費補助金」

条件:耐震診断の判定値が0.7以下の木造住宅に耐震シェルターを設置した場合。高齢者か障がい者が住んでいること。

金額:30万円

条件が合うとお得な自治体オリジナルの制度

在宅重度障がい者住宅改修費助成事業(岡崎市)

身体障がい者手帳1~3級の方が対象で、安全のために居室、浴室、トイレなどをリフォームした際に、限度額20万円の補助金が出ます。

三世代同居住宅支援補助金(小牧市)

三世代が現住することが条件で、その住居の新築、増築、改築の際、最大で20万円の補助金が出ます。

住宅リフォーム等促進事業(北名古屋市)

住居用の住宅、マンションなどのリフォームをする際、対象工事費の10%か、最大で8万円の補助金が出ます。

浸水防止塀設置補助金制度(小牧市)

浸水被害があった住宅に浸水防止塀を設置する際、工事費の2分の1、個人では50万円、事業所では100万円を限度額に補助金が出ます。

アスベスト対策費補助金(岡崎市)

対象建築物の用途を問わず、アスベスト分析調査を行った際は最大で25万円、除去を行った際は費用の3分の2、最大で180万円の補助金が出ます。

生けがき設置奨励補助事業(瀬戸市)

生けがきを設置する住宅で、ブロック塀などを取り壊した後での設置には最大12万円まで、既存の塀がなく新たに設置する場合は最大6万円まで補助金が出ます。

今回取り上げた補助金は一部にすぎません。

まだまだたくさんの補助金がありますので、リフォームをお考えの方はまずお住まいの自治体の情報をチェックして、補助金の内容、補助金の条件を把握しましょう。