HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ! » 愛知で住宅リフォーム!費用を安くする時期の選び方

愛知で住宅リフォーム!費用を安くする時期の選び方

一戸建てでもマンションでも、長く住み続けるためには、定期的なメンテナンスが必要です。

とはいえ、リフォームにかかる費用はできれば安く抑えたいものですよね。

そこで、愛知で住宅リフォームをする上で、費用を抑えるために知っておきたい効率的なリフォーム時期の選び方について解説していきます。

リフォームが必要になるタイミングを知ろう

住宅のなかで、一般的にリフォームが必要になることが多いのは「水回り」「外装」「内装」の3ヶ所です。 目安として、どのタイミングで住宅にリフォームが必要になるのかを知っておきましょう。

水回りは10〜20年で劣化

キッチンや浴室、トイレ、洗面台といった水回りは、おおよそ10年から20年使い続けると劣化します。浴槽にひびが入ってしまったり、排水管が腐食して水漏れが起きたりと、問題点もさまざまです。また、水回りに関していえば、親や子供と同居するタイミングや自分が歳を取ったときのために、前もってバリアフリー仕様にリフォームする人も少なくありません。

雨風や日光の影響を受けやすい外装関係

外装関係は、おおよそ10年から最大30年ほどでくたびれてきます。特に、もっとも雨風や日光の影響を受けやすい屋根は10年から15年に一度は改装が必要です。

リフォームをしないと、見た目が悪くなったり雨漏りしたりといった問題が起こるのです。外壁も、粉をふいたような状態(チョーキング)になったり、ひびが入ってきたりすると、できるだけ早く補修しなければなりません。

内装は問題が起きたタイミングで!

フローリングの張替えや内壁の塗装、階段の補修、部屋の間取り変更などもリフォームの対象です。内装関係は使用頻度や生活スタイルによって劣化の程度が違うため、見た目が悪くなったり、問題が起きたりしたタイミングがリフォームを考える時期となります。

ただ、壁や天井にひびがある場合は外装にも問題が起きていることが多いため、できるだけ早い対策が必要です。

効率を考えたリフォームで費用を抑えよう

行き当たりばったりでリフォームをしていると、床を張り替えたあとにキッチンで配管が腐って水漏れが起き、再度床をはがして水回りのリフォームをするといった、非効率的な施工をすることになってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、住宅の耐久度を考えて、問題が起きる前に効率よくリフォームするという考え方です。

住宅の内側で行うリフォームは順番が大切!

水回りや電気工事など、住宅の内部をリフォームしてから内装のリフォームを頼むようにしましょう。作業の無駄を抑えることで、リフォーム全体の費用を抑えることができます。

同系統のリフォームをまとめて頼んでコストカット

足場を組んで作業する必要がある壁や屋根、隣接していることが多いトイレと浴室の水回りなど、同系統の作業が必要なリフォームは、一度にまとめて頼むのがおすすめです。まとめて頼むことで工期も短縮できますし、割引をしてもらえる可能性も高くなるでしょう。

仮住まいにかかる出費を抑える

大掛かりなリフォームをする場合、仮住まいが必要です。

短期間ならホテルに滞在するのもよいですが、長期間のリフォームになる場合は、初期費用のかからないウィークリーマンションを利用するなどして、費用を抑えましょう。

また、引っ越し業者によってはリフォーム専用のお得なプランを用意している場合もあります。

トランクルームを利用し、引っ越しの荷物を減らせば、引っ越し費用も安くなるためおすすめです。

住宅のリフォームは、建物の耐用年数を考え、効率よく行うことで費用を抑えることができます。行き当たりばったりでリフォームをしてしまうと、無駄に多くのお金がかかってしまうのです。

どこかが壊れるまえにリフォームをすることで、家の劣化を抑えつつ長く住むことができるようになります。

愛知で住宅のリフォームをするなら、効率のよいリフォーム計画を立てましょう。