HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ! » エコリフォームについて確かめよう!

エコリフォームについて確かめよう!

エコリフォームの特徴

エコリフォームは、名前の通り環境に配慮したリフォーム方法を指しています。ただし、単に環境に優しい資材を用いたリフォームのことだけではありません。エコリフォームのポイントは、エアコンで消費する電力など、住宅全体のエネルギーの消費量を抑えることを目的としたリフォームなのです。

つまり、夏は太陽光を反射して冷気が循環するように、冬は冷気を遮断して暖気を外に逃さないようなリフォームが行われます。すると、家庭での電力消費が削減され、二酸化炭素の排出量も減ります。その結果、地球温暖化の防止に繋がり、環境に良いエコ住宅へ変化するのです。

また、快適に過ごしやすい室温を維持しやすいという特徴は、エアコンなどの使用頻度を下げてくれます。そのため、電力の使用量がより減りやすくなり、電気代の節約にも繋がり、光熱費に余裕が生まれやすくなります。

こうしたメリットから、単なるリフォームを行うよりもエコリフォームのほうが適している場合があるのです。必要となる施工が増えるため、費用が高額化する場合もありますが、光熱費などが削減されるため、シミュレーションを行いながら最適なバランスでエコリフォームを行いましょう。

エコリフォームの施工方法

それでは、どのようにリフォームを行うのか、2つの代表的な施工方法を解説していきます。

窓の断熱リフォーム

室温を大きく変動させてしまう場所が窓です。光とともに冷気や暖気を部屋の中へ取り込むため、夏の暑さや冬の寒さは窓から侵入し、さらに室内の快適な温度を外へ放出してしまうのです。そこで、既存の窓に内窓を設置し二重窓へリフォームします。

二重窓にすることで窓の断熱性が向上し、外気を遮断しつつ内気を放出しない構造となるのです。さらに、室内の密閉性を上げるためにサッシを取り替えたり、複層ガラスへ交換したりすることもあります。 こうした窓周辺のリフォームだけでも、快適な室温を保ちやすくなるため、エアコンを使わなくても生活がしやすくなります。そのため、エコリフォームを考える際は、まず窓周辺を中心とした断熱リフォームから始めるのが好ましいでしょう。

外壁や床の断熱リフォーム

窓周辺は直接空気が触れ合う場所のため、リフォームの効果が分かりやすい場所です。しかし、住宅は外壁と内壁の間には空間がありその中に断熱材が使用されています。実は、住宅の施工過程などによって、断熱材の種類や量が変化しています。

そこで、改めて一定量の断熱材を取り付けることで、建物全体の温度管理が行いやすいようにリフォームを行います。外壁と内壁の間だけでなく、屋根・天井や床などにも断熱材を取り付けることが多いです。すると、部屋を取り囲むように断熱材が取り付けられるため、部屋によって室温が異なるなどの不具合が起きにくくなります。

ただ、断熱材を取り付ける場合、想定していたよりも大掛かりなリフォームとなる場合があります。すると、リフォーム期間が長くなったり、工事費が高額になったりするため、より正確な計画を作成して行わなければいけません。