HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ! » リフォームの流れを徹底解説!

リフォームの流れを徹底解説!

事前準備

リフォーム後の状態を左右するといわれてるほど、リフォームが始まる前の準備段階が重要視されています。そこで、まずはリフォームする場所や予算などを家族で話し合い、大まかな概要を決定しましょう。

その後、リフォーム会社へ事前相談に行き、リフォームプランを具体的にしていきます。この事前相談は計画を具体化するためにも必要ですが、なによりも信頼できるリフォーム会社を探すためにも効果的です。

リフォームが成功するかは、基本的に手がける会社の技術力によって決定します。適当に選んでしまうと、そのまま後悔の残るリフォームになりかねません。無料で行っている相談会や事前相談を活用し、直接リフォーム会社の人と話し合いながら信頼できるかどうかを見極めます。そして、必ず複数社へ相談し、見積書などを比較しながら依頼する会社を選びましょう。

リフォーム会社との綿密な打ち合わせ

リフォーム会社へ依頼を行ったら、事前相談よりも具体的な内容の打ち合わせを行います。リフォームを行う前には必ず現地調査を行い、部屋の状況を必ず確認します。ですので、この現地調査前にある程度部屋を片付けておくのが、後々のためにも良いでしょう。

現地調査では部屋の広さだけでなく、壁や床の状態などを確認し、適切なプランでのリフォームが行えるのかを確かめます。その後、この調査を元に少しずつ計画を修正し、実際の施工プランが出来上がります。

そして、リフォームをする日程を決めます。日程選びは非常に重要で、外装の場合は梅雨などを避けて雨が降らない時期を選ぶことで、最短期間でリフォームを終わらせられます。内装の場合は、数日間その部屋が使えなくなるため、場合によってはホテルなどへ移住することも考えなくてはいけません。

ですので、子供がいる場合は学校が休みの期間を選択し、なるべく日常生活に支障が出ないタイミングでリフォームの日程を決定しましょう。あらかじめリフォーム時期に希望がある場合は、逆算して事前準備を始めることも必要です。

リフォーム開始~終了の対応

実際にリフォームが始まると、個人として行うことはなくなります。基本的に、作業は職人へまかせっきりとなりますので、不具合などが生じた際に対応できるよう別室で待機していることになります。 リフォームが完了したら、リフォーム後の部屋の中を一緒に確認します。リフォーム中に新たに見つかった傷や施工の見た目を確かめたら、工事完了に伴う書類へサインを行います。リフォームは長い場合でも一週間ほどで完了します。天候などで作業ができないと、予定よりも日程が伸びてしまうことがあるため、余裕をもってスケジュールを管理しましょう。

アフターフォローとメンテナンス

引き渡しの際に施工状態を確かめますが、実際に何度も使用してみないと不具合の有無は分かりません。そこで、リフォーム会社ではアフターフォローやメンテナンスのサービスが設けられています。

会社によって期間は異なりますが、期間内であれば不具合の点検や修理をしてくれます。不具合を見つけたらリフォーム会社へ連絡をして、日程を合わせて不具合を直しましょう。基本的にアフターフォローの費用は無料のため、気になることがあれば遠慮せずに連絡をしてください。

また、どのような場合にアフターフォローの対象になるのかをあらかじめ調べておき、リフォーム会社選びの際に比較することも大切です。リフォーム費用が高い場合、アフターフォローの対応期間が長いこともあります。

単にリフォーム費用の総額だけでなく、アフターフォローの期間や内容も、リフォーム会社選びの重要な比較対象となります。何十年と住み続ける我が家だからこそ、アフターフォローも細かくチェックしておき、リフォーム後も安心して生活できる環境を整えましょう。