HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ! » 太陽光発電リフォームをするメリットや方法を紹介

太陽光発電リフォームをするメリットや方法を紹介

環境に配慮したクリーンなエネルギーを使い光熱費のコストダウンを図ることができる「太陽光発電リフォーム」。太陽光発電を取り入れるメリットや気になるコスト、そして補助金などまとめてご紹介します。

太陽光発電とは

太陽光発電という言葉はよく耳にするけれど、実際の仕組みを知らない人も多いのではないでしょうか?太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを使用して電気へと変換するクリーンなエネルギーです。屋根などの太陽光を直接浴びる場所に設置した太陽電池が作った電気はパワーコンディショナーを通ることで電力会社から供給されている電力と同じ「交流電力」に変換し、室内にある家電製品に使用することができます。

太陽光によって作られた電力が余った場合には、電力会社に買い取りをしてもらうことも可能です。もちろん、電気が足りないときには電力会社から電気を供給してもらえます。このように、太陽光発電システムを搭載することでエネルギーを生産し上手に消費する循環を作ることができます。

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽工発電を設置するメリットして大きいのは「光熱費のコストダウン」です。自分のうちで電力を作ることができるため、電気代を安く済ませることができます。太陽光発電で作った電気が余った場合には売電することもでき、無駄になることがありません。また、太陽光発電は枯渇しない太陽光による光エネルギーを使った発電方法です。そのため、環境に優しく、今後さらに加速する省エネルギー対策を取り入れることができます。

他にも、一度設置してしまえばメンテナンスをする必要がない点や災害時の電力として使用できる場合もあるというメリットも挙げられます。

一方、デメリットとしては日照時間によって発電量に差がでるところです。そのため、左右に高層ビルがある場合や日光が当たりにくい環境の場合には、太陽光発電のメリットを生かし切ることができない場合があります。また、初期コストがかかってしまうところもデメリットの一つです。しかし、この点はさまざまな控除を使用することで負担を減らすことができます。

太陽光発電リフォームに使用できる控除

戸建て住宅にリフォームとして太陽光発電を設置する場合には財務省が行っている「既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除」を受けることができます。これは、省エネルギー住宅に改修するための工事を行った場合に適応され、標準費用額の10%相当に当たる金額を、その年の所得税額から控除できるというものです。太陽光発電設備の設置もこの対策の対象となっているので、申請を行って許可を得ることで一定の控除を受けること可能です。

また、これとは別に、市や市町村によっては太陽光発電設置の補助金を設けている場合もあります。市や市町村の補助金の場合は新築にしか対応していないケースもあるので、事前に住まいの市町村の情報をチェックしておくといいでしょう。

参考:財務省:既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除

太陽光発電リフォームにかかる費用

太陽光発電リフォームでの設置方法は大きく分け次の3つがあります。

屋根置き型式

屋根の上にパネル状になっている太陽光電池を設置する方法です。工事が簡単でどのような屋根にでも比較的設置しやすく、必要な枚数だけ並べることができるところがメリットです。そのため、日光がよく当たる側面のみの設置や屋根全体への設置など費用や期待できる発電量に合わせて調整できます。万が一、太陽光電池パネルの一部が故障した場合でも、その部分だけ取り外ししやすくなっています。

また、パネルと屋根の間に隙間を作ることができるので余分な熱がこもりにくく、発電ロスが起こりにくいところもメリットです。

費用としては、1KW当たり30万円前後が相場のようです。メーカーやリフォーム会社などによっては、枚数を増やすことで割引がある場合もあります。

屋根一体型

太陽光電池パネルが屋根に埋め込まれており、屋根と一体になっているタイプです。置き型の太陽光電池を設置することで屋根を傷つけたくない人や、見映えのいい外観に仕上げたい人に選ばれています。

屋根にかかる負担を考える必要がないので屋根置き型式よりも広い範囲に設置することができ、少しでも発電量を増やしたい場合にもおすすめです。

一方で、屋根置き型式よりも費用が高くなるところがデメリット。また、屋根と一体型になっているため、万が一故障した場合には修理に手間がかかります。他にも、屋根一体型の場合は屋根の一部とみなされるため、固定資産の対象となります。

駐車場の屋根やベランダに設置するケースも

太陽光発電には興味があるけれど屋根には設置したくないという場合や屋上利用をしている場合、さらには屋根の太陽光にプラスして発電量を増やしたい場合には、ベランダや駐車場の屋根に設置するケースもあります。ベランダに設置する場合には、日照時間や日当たりがポイントとなります。屋根に比べると設置面積が狭いので、少しでも日光が多く当たらないと設置をした意味がないということにもなり兼ねません。

また、駐車場の屋根に設置する場合には、駐車場の丈夫さや屋根の広さがポイントとなります。こちらも充分な広さが取れない場合や日照時間が短い場合には、思ったような成果が得られない可能性があります。そのため、戸建て住宅の屋根以外に設置する場合には事前よくリサーチをすることがおすすめです。

太陽光発電リフォームの費用相場は?

太陽光発電リフォームは、太陽光電池を設置する方法や太陽光電池のブランド、設置費用によって大きく異なりますが、相場としては150万円から250万円ほどが多いようです。初期投資にそれなりの費用が必要となるので、それを回収できるだけの効果があるのかどうかを検討することが大切です。

屋根の大きさや位置、周囲の環境などを総合的に判断をして検討してみるといいでしょう。また、太陽光発電リフォームと相性がいいのは「オール電化リフォーム」です。電力を賄いながら賢く使うことで環境に優しいのはもちろんのこと、大幅なコストダウンにもつながります。