HOME » あなたのリフォームは大丈夫?費用・補助金あれこれ! » 費用10万円前後でできる階段リフォームで安全を配慮

費用10万円前後でできる階段リフォームで安全を配慮

足を滑らせたり、段を踏み違えたりと、階段は家の中で事故が起こりやすい場所です。古いつくりの木造階段は勾配が高い上、滑り止めがついていないものも多く、健康な大人でも降りるのがこわい時がありますよね。

特に小さな子どもや高齢者がいる家庭の場合は、安全面の配慮から階段リフォームを検討しているご家庭も多いのではないでしょうか。

ひとえに「階段リフォーム」といっても、手すりや滑り止めを設置する簡単なものから、勾配や段差を緩めるための大掛かりなものまでさまざま。

階段リフォームにかける費用で最も多いのは10万円前後ですが、複雑なものほど施工期間が長くなり、費用もアップします。

このページでは、いくらでどんな階段リフォームができるのか、代表的な階段リフォームの種類とかかる費用を、10万円前後でできるリーズナブルなものを中心にまとめてみました。

10万円前後でできる簡単な階段リフォーム

滑り止めの張り付け

費用目安 10,000〜15,000円

材料費だけで工事費用は殆どかからないことが多く、1万円前後で設置することができます。転倒防止に効果的なので、家の階段が滑りやすいと感じている場合はすぐにでも設置しましょう。

手すりの設置

費用目安 30,000〜70,000円(補強工事なしの場合)

片側にシンプルなものを取り付けるだけなら、30,000〜50,000円程度で設置可能です。 補強工事が必要な場合や、LED付きの手すりを取り付ける場合は80,000〜200,000円と費用もアップします。

階段の床材を張り替える

費用目安 50,000〜300,000円

床の張替えは元の床材と張り替える床材によって費用が変わります。クッション性のあるものや遮音効果のあるものなど、目的に合わせて選びましょう。

フローリングからカーペット 60,000〜100,000円
フローリングからコルク 100,000〜250,000円
カーペットからフローリング 100,000〜180,000円
タイルからフローリング 90,000〜100,000円

経年で剥げた塗装を塗り替える

費用目安 50,000〜150,000円

ウレタン塗装や防水塗装など、塗装の方法によって費用は変わります。クロスに合わせた色や風合いを選ぶのもいいですね。

段差変更などの大掛かりな階段リフォームは20万円以上

勾配を緩くするための階段リフォームには、現状の階段を活用して行なう場合と、階段を再構築する場合とで費用に大きな差が出てきます。「再構築=一から階段を作り直す」ということになるので、費用も1,000,000円以上かかるケースが殆どです。

現状の階段を活用した段差変更 200,000〜500,000円
階段を再構築する方法 1,000,000〜1,500,000円

階段用昇降機の設置費用は階段の形状によって差が出る

足腰の弱い高齢者が自由に階段を利用するのに大変便利な階段用昇降機。取り付けるとなると、やはりそれなりの費用が必要になりますが、その金額は階段の形状や長さによって大きく違います。

レールの長さや昇降機本体の価格によって違いが出ますが、

直線タイプの階段 500,000〜1,000,000円
曲線タイプの階段 1,500,000〜2,000,000円

というのが、大体の相場です。

階段が曲線タイプの場合、曲がり角が何ヶ所あるかによっても金額が変わります。

まずはリフォーム会社に相談してみて

階段リフォームは少額でできるものから1,000,000円以上かかる高額なものまで、その内容によって費用もさまざまです。大きな予算が組めない時は、まずは10万円前後でできる手すりの設置などで安全面を配慮しましょう。また、実際の間取りや階段の状況によっては、ご紹介した相場よりも高い費用が必要になる場合があります。

特に大掛かりな階段リフォームを考えている場合は、リフォーム会社やお近くの工務店に一度相談してみましょう。